小遣い稼ぎは短期決戦

本業の他に副業でアルバイトをしている方というのは存外多いかと思いますが、その副業の時間というのはどの程度なんでしょうか。私自身も副業を持っているんですけど、私の場合は時間の自由が利くと言いますか、在宅でのアルバイトの類ですので時間ってのは特に問題ではないんですよね。ただ、作業に締め切りがあるだけで。
それが普通のアルバイトだった場合、どの程度の時間働いているものなんでしょうか?私が学生の頃にバイトしていたコンビニでは、深夜勤務で働いている仕事仲間がいて、その人は昼間、別の仕事をしているのにも関わらず深夜勤務をしていました。深夜の勤務時間は確か、夜12時から朝の7時まででしたかね。「そんなに働いて大丈夫か?」と聞きますと、本業が休みの前日のみに働いているそうでした。それならこの時間の長さも納得できます。しかし基本的には、翌日本業がある日の副業は短時間ってのが相場ですよね。
でないと本業の方に支障が出る可能性が大きいですから。となると、やはり3~4時間程度の短時間、というのが通例になるものなんでしょうね。他の副業持ちの知人も、やはり2~3時間の一時的なヘルプという形でのアルバイト、というのが多いようです。
しかしその分、収入もそんなに高くありませんから、その辺りはある程度割り切らないといけませんよね。月に1~2万円程度のプラスになればまあいいかな、というレベルです。あまり稼ぐと確定申告なんかにも引っかかりますからね。その辺もしっかり見極めた上での短時間の副業、ということなんでしょう。空いた時間を使っての小遣い稼ぎでも、ないよりは助かりますから。あくまで副業のアルバイトは、本業に支障をきたさない短時間が調度良いということですね。

Leave a Reply

free blog themes