意外と少ない副業の選択肢

普段仕事をしていると、夜になるとポッカリ空き時間ができてしまったりするものです。その空き時間を使って副業もしくはアルバイトをしている方というのは結構いらっしゃるんじゃないかなと思います。かく言う私もその1人ではあるんですけどね。しかしそうやってアルバイトをする時間となると、大体が夜から深夜になるかなと思います。過去に実際にお会いした方の場合、昼間は建築業、深夜は副業としてコンビニでアルバイトをされていた方がいました。肉体労働の後にホント、タフだなぁと思いました。後は副業として夜はフリーのプログラマーをされている方もいましたね。
夕方以降の副業の定番といえば、やっぱり飲食店が多いですよね。ファミレスなら3時間ほどで交代もできますし、お酒を扱う場所でバーテンダーを副業にしている人もいます。勤務時間とかを考えますとそんな感じが多いんじゃないでしょうか。というより、夜という時間枠を考えますと、副業やアルバイトの内容というのは限られてきます。フリーでできる仕事か、もしくは先ほど述べたコンビニやファーストフード、あるいは飲み屋の類ですよね。
そうやって考えますと、副業というのは存外選択肢の少ないものなのかな、というふうにも考えられます。難しいもんです。
しかし、空き時間を有効に利用したい、という考え方は十二分に共感できるものですので、後はその選択肢をどうやて広めるか、ということを考えるぐらいでしょうかね。一番大切なのは、デスクワークにしても飲食店にしても副業は副業。自分の本業に差し支えないことが大切だと思います。

Leave a Reply

free blog themes